VOICE

お客様の声

D'S日光市K様

家族をつなぐ土間空間で豊かに暮らす家

好きなインテリアは?

インダストリアルスタイルかな。ベースに自然素材が使われている物が好きで、そこにアイアン製品を組み合わせることが多いですね。統一感を意識しながら、好きな物を集めてインテリアを楽しんでいます。見せる収納で普段使いの物も飾りながら置くのが理想です。

好きな雑貨屋さん・家具屋さん

ジャーナルスタンダード、ア.デペシュ

参考にした雑誌

好みのスタイルが特集されている雑誌など。 ネットを活用。

家を持つきっかけは?

二人目が生まれてから、アパートが手狭になったのが一番のきっかけでした。上の子の小学校入学前までに、家を持ちたいねと言う話を普段からしていたこともあって、育児休暇中なら時間も取れるし、話を進めようってなりました。

購入を考え始めたのは誰?

どちらからともなくだったと思います。元々二人で話をしていたので、下の子が生まれたときに良いタイミングかもしれないと意見が一致しました。

なぜ、テクノホームに決めたのか?

家を建てることを決めてから、ネットでいろいろ検索していたときにイメージしていた家にピッタリの画像を見つけて、そこから辿り着きました。細かな所も実際に見たいと思っていたときに、タイミング良く見学会があったんです。実物を見ると急に現実的になってきますね。希望していた要素が全てと言っていいほど揃っていたので迷わず決めました。

お気に入りの場所は?

どこも明るくて気に入っているけれど、やっぱり土間かな。初めから土間は欲しいと思っていたので、土間からテラスへのアプローチは特に好きですね。いろいろ参考になる画像を探していたときに土間とテラスの組み合わせを見つけたんです。プライベート空間になっているテラスは、和室からもキッチンからも見えるし家事をしながらでも安心して子どもを遊ばせられます。

正解ポイント!お気に入りの場所で暮らせる幸せ

大きさと場所を考えて効率UP

窓の位置や高さを良く考えて配置してもらいました。風が抜けて気持ちいいです。実家の母が土間の吹き抜けを見て冬の寒さを心配していましたが、ダブル断熱も効果抜群でエアコン1台で冬を乗り切れました。リビングの窓が少ないかなとも思ったのですが、テラスのガラス面や吹き抜けなどの土間側の解放的部分の効果で十分明るさがあります。

リビングの南側にはお庭がありましたが、あえて掃き出し窓にはされなかったそうです。壁面が減って家具の配置が難しくなるだろうとの予想通り、有効活用された壁面にはテレビと家具がピッタリ収まっていました。

自然素材の良さを実感

床は無垢材って決めていました。冬のヒヤッとする床の感覚をなくしたいなと思っていたので、杉を選んで正解でした。気付くと子どもたちは靴下を脱いでたりします。家全体を無垢材にしてもらいました。子ども部屋は特に、傷や汚れが気になるけれど床いっぱいにオモチャを広げて遊ぶ子どもたちのためにも正解だったと思います。

床の他にも家を建てようと考え始めた頃から、壁は塗りと決めていらしたそうです。漆喰と珪藻土を使った自然素材が、それぞれの部屋を囲んでいました。床も家に居るときは一番触れている場所ですから大事に考えたいポイントですね。

経験からの学び

アパートのシンクが低くて、洗い物などで腰が痛くなってしまったので高めにしてもらいました。主人もキッチンに立つことがあるし、洗い物も頼めそうです(笑)子どもたちの様子を見ながら家事が出来るように対面式キッチンを希望しましたが、調理中の手元は隠したかったので高さを出してもらいました。

誰がどのように使うかがポイントになるキッチン。以前使っていて不便を感じた部分は、ぜひ改善したいですね。シンク前の手元を隠す部分も出来た料理を置くスペースなどに活用できるよう、幅を少し出したそうです。

節約ポイント!予算もしっかり考えなきゃね

必要最低限でシンプルな生活

キッチンのシンク下はあえて収納ではなくフリースペースにしてもらいました。ごみ箱を隠したかったし収納が少ない分、物を増やさずに済みますものね。キッチンと脱衣所の収納スペースの扉も省きました。気に入ったカーテンを使って扉替わりにしています。洗面台の下もフリーになっているので、使い方に合わせてどうしても棚が必要になったら考えようと思います。

腰高の食器棚を選んだこともコストダウンになっているそうですリビングからいつも見えているキッチン壁の飾り棚には、インテリアを意識した普段使いの物を置いているそうです。コストダウンが好みのインテリアに繋がるならぜひ参考にしたいですね。

こだわりたい部分と区別する

こだわりたい部分にコストの重点を置きたかったので、家族使いの浴室やトイレなどは標準仕様で選びました。浴室の壁はガラス張りの提案ももらいましたが、壁と一般的な扉にしてもらいコストダウンになっています。浴室の先に和室があるので、土間からも行けますが壁になっていれば視線を気にせず通れるかなと思います。2階の洗面スペースも省いてトイレにコンパクトな水道を付けてもらいました。

使える物はそのまま生かし、代替えの効く物や普段目に入らない物はコスト面を中心に考えれば下げることができますね。場所によっては更に別な利点が付いてくるなら一石二鳥ですね。

こだわりポイント!ゆずれないものは誰にでもあるよね

憧れを実現して暮らす

ネットなどで好みの家を探しながらチョイスしていたら、自分たちの選んだ好みの家に「土間」が共通していたんです。雰囲気も好みもピッタリでしたから実現できて良かったです。雨の日はとても重宝しています。出かける前も帰って来てからも小さい子どもと一緒の支度が楽です。土間に置いたテーブルで子どもたちとよくおやつを食べたりしてます。家族みんなのお気に入りです。

気付いたら検索して気に入った殆どの家に土間がありました。とご主人。広く開放的に使いたかったとお話しくださったとおり、眩しいほどの明るい吹き抜けとテラスへ繋がる大きなガラスが開放感を倍増していました。

動線も役割りも言う事無し

将来の事を考えて和室は必ず欲しかったのでお願いしました。土間やテラスへ行き来できるようにしてもらったので、家事をしながら子どもたちの様子を伺えます。和室に収納を設けたので、脱衣所の洗濯機から洗濯物を干す、畳む、しまうまで抜群の動線です。客間にもなるし言う事無しです(笑)

部屋のような庭

プライベートスペースとしてテラスを設けました。これから夏を迎えるので使い方をいろいろ考え中です。洗濯物も視線を気にせず干せるし、外に居ながら車など心配せずに、子どもたちを遊ばせることができます。土間からもガラス窓で仕切られているので一体感があり、部屋の一部のような感覚です。

PAGE TOP